大手の塾ほど、大学生のアルバイトが多い?

塾で教えている先生と言えば、専任のプロの講師ばかりではありません。大手の塾になればなるほど、全国で講師の数を確保しなければならないので、お手軽に大学生のアルバイトを雇っているのが現状です。大学生をアルバイトの賃金で雇っているので授業料を抑えて、顧客を増やしているのが大手の塾の経営です。フリーペーパーの求人広告などを見ると、塾のアルバイト講師の求人をよく見ることが出来ます。塾のアルバイトは大学一年生から応募することができるので、高校三年の受験生を教えているのが大学一年生の新米講師であることも少なくありません。保護者の中には、塾の講師の年齢が若かったり、プロの専任講師ではなく大学生が教えているということがわかると、教える力などに疑問を持ち、契約することを敬遠する人もいるので、大学生の講師には、自分の年齢を明かさないように指導している教室も多くあります。塾のなかには、授業料が安いかわりに、研修などがないために講師の質が悪いところもあります。しかし、講師が現役の学生で教師の資格がなく、教える経験が足りていないからといって教える力がないとは言えません。現役の学生であるからこそ受験生の気持ちがわかったり、入試の出題傾向がわかったりするので、その知識を有効に活用して上手に教えている人も多くいるので安心できます。学生の方が生徒と年齢が近いこともあり、生徒との感覚が似ているためコミュニケーションを取るのが上手い講師も多くいます。生徒の学力を伸ばすためには、生徒から人気を得ることは教える力以上に重要なポイントでもあります。生徒が勉強にやる気を持ったり、モチベーションを持続させるには、先生との信頼関係が築けていたり、相性が良いということも大切な問題だからです。担当の先生との仲が良い生徒は、そうじゃない生徒よりも成績の伸びが良くなることがわかっています。そのため、塾選びの際には、講師の指導力だけを問題にするのではなく、生徒と上手くコミュニケーションをとれる講師がいるかどうかを確認すると良いでしょう。

ページ上に戻る