塾講師だけの講師はほとんどいない

塾の塾講師において、講師だけを行っている人はほとんどいません。大半の人は他の職業を掛け持ちしているために、単体だけで仕事を行っている人はとても少ないのです。 塾講師で多いのが、学生や大学の教授です。学生においてはアルバイトとして働いている人が多く、教授の場合においては、副業として働いている場合が多いのです。塾においては大半がこれらで構成されており、講師だけを専任している人の割合は少なくなっています。 塾の講師が学生の場合においては、当たり外れが大きくなってしまいます。これは学生の質により、授業の内容が大きく変わってしまうからです。偏差値の高い大学に通っているほど、授業に必要な知識に対する理解度が高いために、より分かりやすい授業を行う傾向があります。逆に偏差値が低い場合においては、授業においての理解度が少ないために、分かりづらい授業を行う確率が高くなってしまうのです。 しかしどちらの場合においても、しっかりと研修を行うことになるために、偏差値が低い大学に通っていたとしても、授業を行うために必要な知識は身につけていることになります。しかしやはりそれでも偏差値が高い大学に通っている学生の方が、受験においては有意義な勉強を行うことができるのです。 それは大学受験において、偏差値の高い大学に入るためにはたくさんの勉強しなければならなく、それを実践して成功しているからです。なので血の通った勉強方法を教えてくれるために、塾においてはなるべくレベルの高い大学に通っている学生に教わることが良いのです。 大学教授が塾講師の場合には、自分の専門分野に精通している分野の講師をしている場合が多いのです。そのためその分野における深い知識を持っているために、学生よりもはるかに多くのことを知っていることになります。なので分かりやすい解説をしたり、またその分野における雑学などを披露することにより、理解だけでなく知的好奇心を刺激しながら授業を行うことができるのです。

ページ上に戻る